Web
Analytics

たまのこの旅したい食したいブログ

ひとり旅・ひとりグルメをこよなく愛する者の記録。

数種類の卵が食べ放題!黄身をみているだけで楽しめるTKG(卵かけご飯)最強のお店!【喜三郎農場】〈千石駅〉

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

みなさんこんにちは!たまのこです。

 

本日はTKG(卵かけご飯)が有名なお店、『喜三郎農場』へ行ってきました。

何やらここは数種類のこだわり卵が食べ放題のお店で、卵好きには一度は行ってみたい人気の卵スポットとなってます。

以前から気になってはいたものの中々行けずじまいでしたが、今回は近くまで用事がありようやく行く事ができましたので紹介していきます。

www.tamagonokodomo.com

外観・アクセス

f:id:tamagonokodomo:20191130135302j:plain

場所は千石駅から徒歩5分以内に位置する場所にあります。

外観は庶民的な創りで、外観から卵へのこだわりが伝わる佇まいをしています。

 

お店の前には2組他のお客さんが並んでいて、帰る時にも結構並んでました。

 

店内の様子

f:id:tamagonokodomo:20191130135322j:plain
f:id:tamagonokodomo:20191130135327j:plain

店内はカウンター席とテーブル席どちらも用意されており、外観でみるよりも店内は広く感じます。

f:id:tamagonokodomo:20191130135333j:plain

調味料もしっかりと用意されていて、卵には専用の〈たまごにかけるお醤油〉が置かれています。

f:id:tamagonokodomo:20191130135506j:plain

芸能人の方も結構来られているみたいですね。

f:id:tamagonokodomo:20191130135317j:plain

メニューも卵かけご飯以外にも親子丼やポーク丼などもあり、どれも美味しそう😋

今回は卵が食べ放題の〈卵かけご飯膳〉を注文。

 

そして少し待つ事数分で、料理が到着!

 

www.tamagonokodomo.com

卵かけご飯膳

f:id:tamagonokodomo:20191130135339j:plain

田舎の料理を感じさせる、シンプルで美味しそうな組み合わせ。

卵はというと、

f:id:tamagonokodomo:20191130135344j:plain

ここから好きな卵を選んで席まで持っていく事ができます。

別料金ですがお土産用もあり、パックに詰めて持って帰る事もできるそう。

f:id:tamagonokodomo:20191130135349j:plain

今回はこちらの3種類を選びました。

どれがなんの卵かわかりますか?

正直見返すと僕もどれがなんの卵かわからなくなります。笑

 

左が1番の〈ゆうやけ卵〉右上が2番の〈お米卵〉右下が新メニューの〈みかんたまご〉です。

(番号は写真に振られている卵の番号です。)

卵の名前だけでもどんな味か気になり、惹かれてしまう卵ばかりですね!

 

では早速2番のお米卵からいただきます。

お米卵

f:id:tamagonokodomo:20191130135354j:plain

パカッ!・・・え?たまご???

なんと!黄身が白い😳

こんな卵見た事がない!!!

何をどうすればこの様な卵が生まれてくるのでしょうか!

美し過ぎて言葉を失いました😵

f:id:tamagonokodomo:20191130135359j:plain
f:id:tamagonokodomo:20191130135404j:plain

そしていち早く味を知りたくなったので、特製の醤油をかけて卵をご飯にかけていただきます。

 

これはただただすごい卵です!

味は卵の甘みがしっかりと感じられ、マイルドな印象。

この甘めの卵がご飯との相性もとても良く、ただただ美味しいです!

今まででこんな卵は初めてです😂 

 

ゆうやけ卵

f:id:tamagonokodomo:20191205004351j:plain

続いては〈ゆうやけ卵〉です。

こちらは色味が鮮やかで、見た目も綺麗な卵です。

同じくご飯にかけていただきます。

 

味は定番の美味しい卵といった印象です!

新鮮で美味しい卵と言われたら、まずこの味が思い浮かぶぐらいの王道卵でした。

 

そしてここにきて少し問題点が生まれました。

f:id:tamagonokodomo:20191130135444j:plain

卵2個目にして、ご飯はこの量。

このあとの卵をどう食べれば良いのでしょうか。

 

ご飯をおかわりする手もありますが、正直おかわりする程米を食べられない💧

それに米を制限している所なので、これ以上食べたくない。

一体どうすれば・・・

 

「食べられないなら飲めばいいじゃない」

マリーアントワネットさんっぽい人の声が聞こえた気がしました。

そうですね。しのごの言わずそうします😢

 

そんな訳で3個目は飲むことにします。

「卵は飲み物」→はい!これ名言です!!

みかん卵

f:id:tamagonokodomo:20191205004356j:plain

3個目の〈みかんたまご〉です。

一瞬ドラゴンボールかと思いましたが、黄身の部分にオレンジの斑点が!!

この斑点がなんとなくみかんっぽい感じがして、愛着が沸いてしまいそう。。。

 

味の方はこれまでと比べると、ややさっぱりしていて食べやすい印象。

ご飯にかけてもかけてもきっと美味しいことでしょう!

 

こんな感じで最初に取った3個の卵は食べ終わりました。

そうなると残り2個も気になりますよね!

 

そんな訳で残り2個も取ってきました。

f:id:tamagonokodomo:20191130135428j:plain

左の艶がある方が6番の〈赤がら卵〉右が7番の〈ゆずたま〉です。

 

まず6番の〈赤がら卵〉からいただきます。

 

赤がら卵

f:id:tamagonokodomo:20191130135433j:plain

黄身が濃厚で今まで食べたどの卵よりも色味が濃いですね!

これまた美しい!!

そして白味は弾力があり、お箸で切ろうとしても中々切れないぐらいの弾力性。

良い卵の証拠ですね!

 

味の方は、濃厚でとっても美味しい!

黄身の濃厚さで言えばダントツナンバー1で、卵単体でも味がしっかりしているのが特徴です。

 

多分ご飯にかけて1番絶賛できるのは、この卵だったでしょう…

ゆずたま

f:id:tamagonokodomo:20191205004400j:plain

最後は7番の〈ゆずたま〉です。

 

殻を割って見た目以外で1番驚いたのが、こいつ!

色味はこれまでと比べると普通の卵ですが、割ったあとのゆずの香りがすごい!

「卵からゆずの香りってどうゆうこと?」と思わず心の中で疑問が浮かびました。

 

味の方も口の中でゆずの香りが広がり、なんとも面白い味わい。

ご飯にかけるとどんな感じになるのか楽しみですが、そのまま飲んでも楽しめる卵でした。

f:id:tamagonokodomo:20191130135500j:plain
f:id:tamagonokodomo:20191130135450j:plain

結果的に1日にロッキー並に卵を食べてしまいました。。

非常に満足でしたが、非常にお腹がタポタポしております。

 

個人的なナンバー1卵は、やっぱり2番の〈お米卵〉でしたね。

味も美味しかったですが、見た目が白い卵はそうお目にかかれないので、かなり貴重な体験をさせていただきました。

ありがとうございましたm(_ _)m

 

他にも日によってこの5種類以外の卵もあるそうなので、気になった方は他の種類の卵も食べてみてください。

 

www.tamagonokodomo.com

 

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次のブログでお会いしましょう(´ω)

 

お店の情報

店名:喜三郎農場

住所:〒112-0011 東京都文京区千石1-23-11

連絡先:03-3943-3746

営業時間:【ランチ】月~金 11:30~14:30 土・日 11:30~17:00【ディナー】17:00~23:00(L.O.22:00

定休日:無 ※年末年始を除く

店舗HP:http://www.kisaburou-sengoku.com/